カート
ユーザー
絞り込む
商品カテゴリー
グループ(SALE、認証)
コンテンツ
マイルド/フェアトレード認証
【メキシコ産】カフェ・マム 250g《直送》
980円(税込1,058円)
10 ポイント還元
各オプションの詳細情報
マム 粉(中細挽き)
マム 粉(中細挽き)
980円(税込1,058円)
マム
マム
980円(税込1,058円)
【メキシコ産】カフェ・マム 250g《直送》
980円(税込1,058円)
10 ポイント還元



●生豆生産国:メキシコ
●加工国:日本(焙煎・小分け加工)
●内容量:250g
●取得している認証:フェアトレード認証(FLO)
●賞味期限:製造より半年間
※焙煎されたばかりのコーヒーをコーヒーメーカーより直接お届けしますので、コーヒー(焙煎)以外のものとは同時にご注文いただけません。お手数ですが別々にご注文ください。発送はご注文から10日前後かかります。


< このコーヒーの特徴 >

❏カラメルのような甘みがあります。
❏酸味とコクのバランスがいいコーヒーです。

爽やかな酸味と高地特有の高い香りが好評。
1993年春に日本で最初に発売開始された、国際フェアトレード認証コーヒーです。


メキシコの標高1200mを越える山岳地帯、チアパス州で栽培されたコーヒーです。チアパスは、傾斜のきつい山岳地帯ですが、コーヒーを栽培するのには最適な気候となっています。マヤ文明の伝統的な有機農法で育てられた香り豊かなコーヒー豆で、高地特有の贅沢な香りとコク、爽やかな香りが特徴です。「マム」とはマヤ文明の流れをくむ先住民の中の一民族の名前に由来します。




日本で最初のフェアトレード認証コーヒー、カフェマム
「カフェマム」は日本最初のフェアトレードラベルコーヒーです。1993年春、缶に入った状態で販売をスタートしました。発売以来、カフェマムは沢山の方々に愛されています。
1993年当時はチアパス州同地域の生産者組合ISMAMのコーヒー豆を使用していました。缶にドイツのフェアトレード・ラベル機構「トランスフェア」のマークがついています。現在の国際フェアトレードラベル機構は、ドイツのトランスフェア、オランダのマックスハーベラーなどの複数のフェアトレードラベルが合併して作られたものです。

ドイツでフェアトレード・ラベル運動(トランスフェア)の導入準備が進められていた当時、代表マルティン・クンツ氏を訪問したわかちあいプロジェクトの代表・松木が、日本にフェアトレード・ラベル運動の考え方を持ち帰ったのが始まりです。
その後間もなくして、日本国内の3つの団体が設立メンバーとなり、1993年11月に「トランスフェアジャパン」を発足しました。これが後の「NPO法人フェアトレード・ラベル・ジャパン」の前身です。
>> 詳しくは日本における国際フェアトレードラベルの導入ストーリーをご覧ください。


生産者団体について
「FEJCEM GROUP SA DE CV」はコーヒーのマーケティングに専念し、コーヒーを国内外に流通するチアパス州の会社です。主な製品はパーチメント コーヒーで、チアパス州のオコシンゴ、モトシントラ、チアパスの高地などのコーヒー栽培地域から得られます。
パーチメントコーヒーはチアパス州で最も高級なコーヒーの一つであるため、同社は海外での需要を高め、国内での利益を増やすために輸出に重点を置いています。その商業化と承認は、農業活動の有機運営に関するガイドライン (LOOAA)、国家有機プログラム (NOP)、および欧州連合 (EU) の規則など、対応する有機基準によって監視されます。

会社の歴史
「FEJCEM GROUP SA DE CV」は、農民で後にチアパス自治大学(UNACH)を卒業した農学者であるC.エドガー・ギルダルド・フローレス・ミゲルの手による事業提案として2013年3月に誕生しました。彼の考えは、チアパスコーヒーの美味しさを国内外の人々に楽しんでもらうための組織作りだった。同社は 2013 年 3 月 22 日に設立されました。


この商品を購入する

この商品を買った人は
こんな商品も買っています