【フィリピン産】マスコバド黒砂糖 10kg

5,500円(税込5,940円)

定価 5,500円(税込5,940円)

購入数
●原産国:フィリピン
●内容量:10kg(5kg x 2袋)
●取得している認証:フェアトレード(FLO)認証

※1袋につき地域ごとの送料がかかります。(2〜4袋の場合は地域送料×ご注文数量が送料になります。)
※2袋以上の場合、カートには1袋分の送料しかカウントされませんので、受注確認後、当店より請求額のお知らせをいたします。
※クレジットカード決済はご利用いただけません。郵便振替、銀行振込、代金引換よりお選びください。
※ほかの商品と一緒にはご注文いただけません。
 一緒に注文しようとするとカートの配送情報入力でエラーがでます。
※各種割引の対象外です。

マスコバドとは?

サトウキビから抽出され作られるフィリピンの黒砂糖のことをマスコバドと呼びます。

白砂糖では通常精製を通して失ってしまう主要な栄養素を豊富に含んでいます。特に、一日の必要量ををとるのが難しい鉄分が豊富です。漂白されておらず糖蜜を自然に含んでいるので、褐色で不透明です。とても独特な味わいがあります。

生産者オルタ・トレード社について

1980年代、ネグロスで大きく広がっていた飢餓を克服しようと民衆が立ち上げたのがオルタ・トレード社(ATG)です。当時、砂糖の国際市場価格は暴落し、農場で働く人々やその家族を貧困に追いやりました。もちろん、貧困は飢餓につながり、多くのフィリピン民衆にとって緊急課題となりました。彼らは差し迫った状況を克服するにはどうすればよいか考えました。そうして、1986年、ローカルと国際貿易の両方を結び付ける役割が期待して、彼らはATGを設立し証券取引委員会に法的に登録しました。

「マスコバド」という名前は、大衆や普通の人々意味する「マス」から作られました。1987年、フィリピンの隣国―日本に最初のマスコバド砂糖が輸出しました。輸出が増え、日本以外にも、例えば、マレーシア、フランス、ドイツ、オーストリア、韓国と輸出先が増えています。それで、1992年、ATGはサトウキビ絞って製糖する部門としてATMCを設立しました。

現在、オルタ・トレード社は、パック作業や現場作業、輸送の職員を含め500名以上の正職員がいます。また、全国にいる5000人を超える農家に多岐にわたるサービスを提供しています。




★このマスコバド糖から作った手作り黒糖クッキーも販売しています