【フィリピン産マスコバド黒砂糖使用】手作り黒糖クッキー

  • 【フィリピン産マスコバド黒砂糖使用】手作り黒糖クッキー
●原料原産国:フィリピン(マスコバド黒砂糖)、日本(小麦・菜種油)
●加工国:日本
●内容量:100g
●取得している認証:フェアトレード認証(FLO)
●賞味期限:2018年4月18日


昔懐かし素朴な黒砂糖の味と少し硬めのざくざくとした食感。。。
一度食べたらヤミツキです!





マスコバド砂糖とは?

マスコバド砂糖の主な原材料は西ネグロス州の有機サトウキビです。サトウキビを絞り、煮詰めて、自然に乾燥させ、最後に砕いて粉末にします。このシンプルな製造のおかげで、カルシウムやマグネシウム、鉄分、カリウム、リンといったサトウキビの栄養素がよく残っています。





オルタ・トレード社について

1980年代、ネグロスで大きく広がっていた飢餓を克服しようと民衆が立ち上げたのがオルタ・トレード社(ATG)です。当時、砂糖の国際市場価格は暴落し、農場で働く人々やその家族を貧困に追いやりました。もちろん、貧困は飢餓につながり、多くのフィリピン民衆にとって緊急課題となりました。彼らは差し迫った状況を克服するにはどうすればよいか考えました。そうして、1986年、ローカルと国際貿易の両方を結び付ける役割が期待して、彼らはATGを設立し証券取引委員会に法的に登録しました。

「マスコバド」という名前は、大衆や普通の人々意味する「マス」から作られました。1987年、フィリピンの隣国―日本に最初のマスコバド砂糖が輸出しました。輸出が増え、日本以外にも、例えば、マレーシア、フランス、ドイツ、オーストリア、韓国と輸出先が増えています。それで、1992年、ATGはサトウキビ絞って製糖する部門としてATMCを設立しました。

現在、オルタ・トレード社は、パック作業や現場作業、輸送の職員を含め500名以上の正職員がいます。また、全国にいる5000人を超える農家に多岐にわたるサービスを提供しています。






クッキーの製造は国内!

フェアトレード認証を取得したフィリピン産マスコバド黒砂糖を使用し、この手作りクッキーを製造したのは栃木県にあるアジア農村指導者養成専門学校、学校法人アジア学院。

フェアトレード認証を取得した国内製造のお菓子はまだとても珍しく、注目されています。
  • 【フィリピン産マスコバド黒砂糖使用】手作り黒糖クッキー
  • 【フィリピン産マスコバド黒砂糖使用】手作り黒糖クッキー

【フィリピン産マスコバド黒砂糖使用】手作り黒糖クッキー

540円(内税)

定価 540円(内税)

購入数

商品レビュー

  • dell
  • 30代
  • 女性
  • 2015/12/01 19:11:48
  • 最初は固いと思ったけど・・
  • 食べてるうちに本当にやみつきになりました!
    他ではない味なので入荷するたびにリピートしてます。
    あ、歯が弱い方はご用心!^^

カテゴリー