【パレスチナ産オリーブオイル使用】オリーブオイルソープ

  • 【パレスチナ産オリーブオイル使用】オリーブオイルソープ
●原産国:パレスチナ(オリーブオイル)、ガーナ(シアバター)、インド(ココナツオイル)
●加工国:日本
●原材料:オリーブ油、シア脂、ヤシ油、水、水酸化Na
●内容量:100g
●取得している認証:フェアトレード認証(FLO)
原料はオーガニック認証(オリーブオイル=JAS、ココナツオイル=INDOCERT)
※画像と色が多少違う場合がありますが、品質に問題はありません。

皮脂の汚れを落とすパレスチナのオリーブオイルを贅沢に使用した、人も環境も輝く石鹸です。


※化学合成添加物・着色料・香料は一切使用しておりません。
お肌に合わないときはご使用をおやめください。
高温多湿、直射日光を避け、子供の手の届かないところで保管し、早めに使い切ってください。






パレスチナのオリーブ

2009年に世界で初めてのフェアトレード認証のオリーブ生産者となったパレスチナの「カナン・フェアトレード」。環境に配慮した栽培と公平な貿易が古代からの伝統だった彼らにとり、有機農法とフェアトレードは第二の天性となり得たといいます。

同社では、フェアトレードにより還元される奨励金を物資支援や教育などに充てています。また、農園労働者と加工部門の労働者に対して平等に支払いをし、健康的で安全な労働環境を提供しています。




インドのココナツオイル

南インドのケーララ州にあるフェアトレード・ココナツ生産者の「Indian Organic Farmers Producer Company Ltd」。このケーララ州は「ココナツの地」として知られています。

同社管轄の小規模農家たちはスパイスやカカオ、家畜用農作物、果物や野菜などとミックスしたココナツ・ベースの農業システムを採用しています。

ガーナのシアバター

シアバターの生産者団体はアフリカ・ガーナの「Akoma Cooperative Multipurpose Society」。失業が識字率の低さや医療施設へのアクセスの悪さといったことと並んで重大案件とされているこの地域ボルガタンガにおいて、社会的弱者とされている女性達、子どもたち、そして高齢者たちを貧困から救うことを目的に2006年に創設されました。



フェアトレードでシアバター生産者に還元される「奨励金」を使って1番になされるべきと彼らが考えるのが、未完成のまま、ぼろぼろになっている現地の「Pusu-Namogo小学校」の改築です。

今後5年間は、図書館やITセンター、机などの学校の設備をはじめとし、子どもたちのための教育・設備の向上のためにフェアトレードの「奨励金」を使っていきたい、と彼らは言います。
  • 【パレスチナ産オリーブオイル使用】オリーブオイルソープ
  • 【パレスチナ産オリーブオイル使用】オリーブオイルソープ
  • 【パレスチナ産オリーブオイル使用】オリーブオイルソープ

【パレスチナ産オリーブオイル使用】オリーブオイルソープ

972円(内税)

購入数

商品レビュー

  • さら
  • 10代以下
  • 女性
  • 2017/07/29 13:57:29
  • さっぱりとした洗い上がりになります。この安さはすごい!

カテゴリー