【パレスチナ産アーモンドオイル使用】アーモンドオイルソープ

  • 【パレスチナ産アーモンドオイル使用】アーモンドオイルソープ
●原産国:パレスチナ(アーモンドオイル)、インド(ココナツオイル)、パーム油(コロンビア)
●加工国:日本
●原材料:パーム油、スイートアーモンド油、ヤシ油、水、グリセリン
●内容量:100g
●取得している認証:フェアトレード認証(FLO)

原料のパーム油は、RSPO*認証を受けた事業者により、持続可能な方法で生産されたパーム油です。
*RSPOとは
環境への影響に配慮した持続可能なパーム油を求める世界的な声の高まりに応え、
2004年に「持続可能なパーム油のための円卓会議(ラウンドテーブル)」が設立。
英名で"Roundtable on Sustainable Palm Oil"の頭文字をとって「RSPO」と呼ばれます。
その目的は環境への影響に配慮した持続可能なパーム油の生産と利用を促進することにあります。

※画像と色味が多少違う場合がありますが、品質に問題はありません。


※化学合成添加物・着色料・香料は一切使用しておりません。
お肌に合わないときはご使用をおやめください。
高温多湿、直射日光を避け、子供の手の届かないところで保管し、早めに使い切ってください。



パレスチナのアーモンドオイル

2009年に世界で初めてのフェアトレード認証のオリーブ生産者となったパレスチナの「カナン・フェアトレード」。環境に配慮した栽培と公平な貿易が古代からの伝統だった彼らにとり、有機農法とフェアトレードは第二の天性となり得たといいます。

同社では、フェアトレードにより還元される奨励金を物資支援や教育などに充てています。また、農園労働者と加工部門の労働者に対して平等に支払いをし、健康的で安全な労働環境を提供しています。



インドのココナッツオイル


南インドのケーララ州にあるフェアトレード・ココナッツ生産者の「Indian Organic Farmers Producer Company Ltd」。このケーララ州は「ココナッツの地」として知られています。

同社管轄の小規模農家たちはスパイスやカカオ、家畜用農作物、果物や野菜などとミックスしたココナッツ・ベースの農業システムを採用しています。


コロンビアのパームオイル


1975年に始まった原料パームの栽培面積は2008年現在合計6,000ヘクタール。4,000ヘクタールは有機JAS認証を受けていて、提携している小規模生産者組合が所有しています。のこり2,000ヘクタールはサステナブルとフェアトレード認証プログラムの検査を受けています。生産能力は現在年間30,000tで、世界第3位のパーム油生産国であるコロンビアのパームセクターと同様に、オーガニックパーム産業で世界をリードしています。
  • 【パレスチナ産アーモンドオイル使用】アーモンドオイルソープ

【パレスチナ産アーモンドオイル使用】アーモンドオイルソープ

972円(内税)

購入数

商品レビュー

レビューはありません。

カテゴリー