フェアトレードのスポーツボールは、わかちあいプロジェクトの難民支援がきっかけで生まれ、世界に広がりました。パキスタンの労働問題に取り組むために、2002年にスポーツボールの製造と貿易に国際的なフェアトレードの基準が作られ、2004年には日本初のフェアトレードボール ASPIROの販売を開始しました。

わかちあいプロジェクトのフェアトレードボールAspiroは、1個あたり75円〜175円のプレミアム(奨励金)が生産者に支払われ、健康や医療、教育、労働環境の改善などの活動に使われています。

>>フェアトレードボールの開発秘話や生産者情報など、詳しくはこちら




OEMでボールの製造も承ります。
サッカークラブ、フットサルクラブのロゴ入りなど、独自デザインで製造いたします。
最少ロット100個〜


また、JICAのネットワークを通じて、世界中の子供たちにボールの寄付を行っています。
「世界の笑顔のために」プログラム(JICA)



ボールの取扱いについて(必ずご確認ください。)

●使用前に行うこと
必ず表面にキズや亀裂がないか確認してください。
異常のある場合は危険ですので 絶対に使用しないでください。
空気の注入方法
1.ボール専用の空気入れを使用し、空気針に必ず市販の潤滑剤(なければ石鹸水など)をつけてください。
  何もつけずに差し込むと、バルブに傷がつき空気漏れの原因になります。
  水で濡らすだけの場合、空気針の錆の原因になりますので避けて下さい。

2.ボールのバルブに垂直に空気針をゆっくりとさします。
3.バルブ口に表示されている空気圧*を守って、空気圧を調整してください。
  一気に空気を入れすぎると膨張などの原因につながりますので、空気圧を確かめながら行ってください。
4.空気針を垂直にゆっくりと抜きます。空気針は乾いた布でよく拭き取ってください。

●使用後に行うこと
縫い目に入った砂やごみなどをブラシでとり除き、柔らかい布で拭き取ってください。
汚れが落ちにくいときは、布を湿らせて拭いてください。水拭き後は乾いた布で拭いて乾燥させてください。
雨などに濡れた場合も、水分や汚れを拭き取った後、風通しのいところで乾かしてください。
必ず空気を抜いてください。空気を入れたままにすると膨張や変形等の原因になります。

●その他の注意点
直射日光、高温多湿のところに置きっぱなしにせず、風通しのいいところで保管してください。
火気や熱いところの近くに置かないでください。
ベンジンなど溶剤を使用しないでください。
クリーナーなどをご使用の際には油分を十分に拭き取ってください。
ご使用のペースは1日おきなどボールを休ませると長持ちします。
空気を抜かずに使用していくと徐々に空気が抜けていきます。劣化やバルブに傷などがない場合の
空気圧損失は、適正な空気圧で入れてから3日間で25%以内です。(国際的な基準)
天災などの不可抗力や、お客様のお取扱いの不注意、不当な修理、改造による破損は保証しかねます。
スポーツでの目的以外では使用しないでください。

スポーツボール

10商品

  • < 前
  • 次 >
10件 1-10表示
  • <
  • 1
  • >
10件 1-10表示
  • < 前
  • 次 >

カテゴリー